MAKE UP & THERAPY läka | 栃木県宇都宮市のメイクセラピー「レーカ」

VOICE

voice

2017.2.1

自分が思う女性としての幸せを掴みたい

【お名前】

M.O様 【お申し込みのきっかけ(悩み)】 ◯仕事ばかりしてきたが、自分が思う女性としての幸せを掴みたいと思うようになった。 結婚し、家庭を持ちたい。そのため、今まで自己流だったメイクもきちんとできるようにしたい。 ◯職場では、自分の気持ちを伝えられるようにはなったが、プライベート(特に恋愛に関しては)ではなかなか伝えられず、我慢してしまう。もっと本音をぶつけたい。 【メイクセラピー(心理カウンセリング)】 カウンセリングを進めるうちに、以前と比べて、主体的に行動できている部分はあるがプライベートや恋愛では、まだまだできていないところも多いため、矛盾がたくさんあり、そこで自分を責めてしまうこと。 自分が我慢して、丸く収まればいい、そんな風に思っていたため、まわりがどう思うか常に気にしてしまうこと。 それが原因なのか、お付き合いしていた方にも本音をぶつけられなかったこと。 まわりをがっかりさせたくない、そんな気持ちが強かったこと。 本当はどうしたかったのか、これからどうしたいのか、カウンセリングの最中に話してくれました。 今まで一人前にならなければ、そんな思いでがんばってきた仕事を3月で退職するため、そのことをきっかけにもっとまわりの人に興味をもって知ろうとしたい、深く関わっていきたい、積極的になりたい、そうおっしゃっていました。 メイクのやり方を覚え、「明るく華やかな印象」の女性に外見・内面ともに変わっていきたいととても良い表情で話してくれました。 【メイクセラピー後】 Mさんの半顔に明るく華やかな印象になるように眉の形やパーツバランスを整え、色や化粧品の質感を選んでいきます。 Mさんの肌の色に合うアイシャドウ・チーク・リップの色でメイクしたことにより、お顔全体が透明感がでてパッと明るくなりました。 出来上がった半顔をみて 「眉毛で全然かわりますね」 と驚いていました。 違和感がある部分、もっとこんな風にしたい、そんな要望もきちんと伝えてもらいMさんの【なりたい女性】に近づけていきます。 【なりたい女性】の顔になれ、 「本当に全然違います!」 「自分でできるようになりたいです!」 「自分でもメイクを覚えたい」と、セラピストが施したメイク後の半顔をみながら、Mさん自身でメイクに取り組みます。わからないところ、やりにくいところは、より丁寧にアドバイスします。 完成した顔をみて、とても満足されている様子でした。 メイクセラピー終了後には…恋愛を含め、自分がどうしたいのかどのように関わっていきたいのか退職後、きちんと自分と向き合いながら、行動していきます。 そんな前向きな気持ちを話してくれました。<br Mさん、ありがとうございました。